ようこそサポート株式会社へ!

03-6825-0886

お問い合わせ

現在地:首页 >> お知らせ

日本就労ビザ

更新時間:2024-05-21

日本工作签证

一、日本の就労ビザの種類

外国人の日本での仕事の性質や移住の原因に応じて、日本は30種類近くの異なる仕事の許可と長期ビザのタイプを提供している。各種職業に対する特定就労ビザには、芸術家、講師、記者、教授、技術労働者などが含まれる。従業員が申請した許可の種類によって、通常3ヶ月から5年まで日本に滞在できる期間が決まります。

職業の就労許可証のほか、日本では最近、次のような専門技能ビザが発売されています。

特定技術者ビザ:このビザは日本に就業する外国人労働者に提供され、一部の労働部門の不足を埋めることを目的としている。日本は2025年までに約50万人の新しい外国人労働者を導入することを望んでいる。

専門技能ビザ1-SSV 1:造船、農業、看護などの特定の業界の技術労働者だけが、このビザを申請することができます。日本語試験と技術試験に合格する必要があります。鑑識の有効期間は1年間で、最大5年間継続できます。求職者が5年以上滞在したい場合は、2-SSV 2ビザを申請する必要があります。

専門技能ビザ2-SSV 2:求職者は無期限にそのビザを継続し、家族を日本に連れて行くことができる。1-SSV 1ビザを持って現在日本で生活し、働いている個人は、より高度な専門技術を取得してからこの特定のビザを申請することができます。

二、日本の就労ビザ取得要求

観光以外の理由で日本に入国した個人については、就労許可やビザを取得する前に在留資格認定証明書(COE)を取得しなければなりません。このCOEは、求職者が仕事、家庭、その他の条件に合った理由で合法的に日本に入国できることを明らかにします。ビザ申請の過程でこの証明書が必要なため、従業員はさらなるステップを踏む前に、まずこの認定証明書を取得しなければならない。

注意しなければならないのは、ビザの種類によって異なる特定の要件があることです。例えば、日本で就労ビザを取得したい個人は履歴書や大学の学位証明書の原本を提供する必要があるかもしれません。その他の一般的な要件は次のとおりです。

日本企業が提供するビジネスチャンス

パスポート

ビザ申請書

写真

三、申請過程

日本での就労許可証の申請の第一歩は、通常は雇用主である保証人を探すことです。個人または地元の保証機関は、COEを取得するために地域移民局に申請を提出する必要があります。COEの申請過程は以下を含む:

記入済みの求職届を提出する

4センチ×3センチの写真を提出します

392円の切手を貼った返信用封筒を提供

すべてのサポートファイルを準備する

保証書の提出

従業員が専門技能ビザを申請しようとする場合は、ポイント計算結果表を提出する必要があります。このポイント制度は求職者のスキルに基づいて評価され、累積スコアが70点以上になることがビザ取得の要件の1つです。また、雇用主として、ビザ申請プログラムのために次のような書類を用意する必要もあります。

保証書

招待状

ビザ申請者名簿

貴社または組織の詳細

日本での旅行コース

四、その他の重要な考慮要素

申請者は、申請した日本の就労ビザの種類に応じた費用を支払う必要があります。費用の金額は、ビザの種類、申請者の国籍、および単回または複数回の入国手続きを選択するかどうかによって異なります。通常、シングル往復ビザの費用は3000円または30ドル、マルチ往復ビザの費用は6000円、または60ドルです。


前の篇:没有了!

次の篇:世界の労働規制を探る

お問い合わせ

03-6825-0886

上に戻ります